応用例

ドアモジュール

同一平面にある外装ドアモジュールの取り付け

ドアハンドルは、初回接触とその後繰り返して接触されるコンポーネントで、車両品質認識に決定的に寄与します。特に、同一平面に取り付けられた外装ドアハンドルに対しては、最小の不正確性でも人目を引くため、精密な取り付けが不可欠です。WITOLを使用することで、外装ドアハンドル上の公差は、応力を掛けたり変形を生じさせたりすることなく補償することができ、コンポーネントは、最適な間隙でドアに位置決めされます。

電子コンポーネントによる複雑さの増加

また、外装ドアハンドルの同一平面への取り付けでは、電子的な伸縮など追加の電子機械的機能を備えることが多くなっています。 これによりコンポーネントの複雑さが更に増加し、また関連する公差も増加します。公差補償要素が取り付けに使用された場合、正確な適合精度と面一性を保証します。公差は、信頼性をもって補償され、完璧な最終結果が得られます。

 

WITOL flush door handle

WITOL Adjustを使用したボルト締結前後での手動調整

WITOL Adjust調整要素を使用することで、個々のコンポーネントの取り付けで最大の柔軟性が得られます。これにより、外装ドアハンドルを設置場所に位置決めし、通常通り定位置にねじ止めすることができます。この場合、調整要素は、接続の予圧には影響を及ぼさず、また外装ドアハンドルは後日 柔軟に調整できます。

ボルト締め前後で個別にコンポーネントを調整する能力は、複雑な設置条件であっても組み立てプロセスを簡素化します。

WITOL flush door handles Video

これらのWITOLは、ドアモジュールで使用されます。

  • WITOL Adjust

    WITOL Adjustを使用すれば、フラッシュドアハンドルを取り付ける際に最大限の柔軟性を発揮します。あらかじめ設定されたWITOL Adjustは、ハンドルの部品または本体に仮組みされています。その後、通常通り部品をねじ止めし、ねじを緩めることなく取付け位置を調整することができます。

     

    .詳しく知る

  • WITOL Modular

    WITOL Modularを使えば、モジュラー原理に従って、独自の締結ソリューションを簡単に構築することができます。コンフィギュレーターソフトウェアで、お客様のご要望に応じたパラメータを組み合わせることで、用途に応じた理想的なソリューションを実現します。

     

    .詳しく知る

  • WITOL Helix

    新しいWITOL Helixは、全く新しい動作原理を採用しており、フラッシュドアハンドルを取り付ける際に非常に効果的です。

     

次回の申し込みはこちら:

フロントエンド

WITOLのメリットについてもっと知る:

ご質問はありますか?
いつでもお手伝いします。

このウェブサイトはクッキーを使用しています

お客様に最適なWebサイトをデザインし、継続的に改善していくために、クッキーを使用しています。 ウェブサイトの利用を継続することにより、クッキーの利用に同意するものとします。

クッキーの詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。