応用例

モジュール交差部材

モジュール交差部材の取り付け

最高の精度を実現するため、当社公差補償システムは、かなり大きな支持構造により、ねじ止め位置の公差が大きくなるため、モジュール交差部材を取り付ける際に使用されています。さらに、位置決めの際に傾斜が生じないようにするため、組み立てを目的としてモジュール交差部材とAピラーとの間に接合間隙が予定されています。車体に最適に接続するため、既に組み立てられたコンポーネントを組み立ての間にミリメータの精度でねじ止め位置に位置決めする必要があります。WITOLは、接合間隙とコンポーネントの公差がボルト締結時に自動で確実に補償されるようにします。加えて、WITOLは、インストルメントパネル用に防音または振動ダンパーを追加でき、エンジン雑音の車内への伝搬を排除します

Cross Car Beam with WITOLs

隠れ位置への取り付けでも安全で精密な公差補償

モジュール交差部材の車体へのボルト締結は、組み立てがエンジンコンパートメントから行われるため特に困難で、 エンドウォールに向けたサポートを備える周波数ストラットの領域ではなおさらです。一般に、モジュール交差部材を取り付ける際には、ねじ止め位置が完全には見えない場合が多く、コンポーネントも全く見ることができません。ここでは2つのコンポーネントが、いわゆる隠れ位置での取り付けで、互いに接続される必要があります。

WITOL公差補償要素を使用すると、スムースなブラインド補償が可能となり、精密かつプロセスの信頼性が高い方法で確実に組み立てることができ、さらに公差の対象となるねじ止め位置からの偏りを信頼性高く補償します。つまり、製造プロセス全体が最適化されます。

個別のプロジェクト-当社の革新的なソリューション!

WITOL Individualを採用することで、用途とインターフェースに合わせ100%カスタマイズ可能な固定ソリューションを入手できます。当社がお客様のプロジェクトを、初期コンセプトから大量生産まで実現します。さらに、お客様の仕様を精密に実装し、お客様向けのカスタムメイドの特別なソリューションを開発します。加えて、当社の長年に渡る経験と公差補償システムに関する専門知識が多くのメリットをもたらします。

ご質問はありますか?
いつでもお手伝いします。

このウェブサイトはクッキーを使用しています

お客様に最適なWebサイトをデザインし、継続的に改善していくために、クッキーを使用しています。 ウェブサイトの利用を継続することにより、クッキーの利用に同意するものとします。

クッキーの詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。